医療IT EXPOの特長

TOP > 医療IT EXPO > 医療IT EXPOの特長

医療IT EXPOの特長

本展の特長をご紹介します。出展検討の参考に、ご確認ください。

出展資料請求

出展検討に必要な資料を無料でお送りします。こちらからお申込みください

前回結果報告

2018年9月に開催された、第1回 医療と介護の総合展[東京] の様子をご覧いただけます。

出展社のためのサポートサービス

展示会により売上拡大していただくための様々なサービスをご紹介します。

会期までのスケジュール

展示会 開催当日までのスケジュールをご確認いただけます。

本展は東京・大阪で年2回開催!

(予定)

【特長1】本展は商談のための展示会です

本展は病院関係者と出展社との商談を目的とした展示会ですので、導入意欲の高い医療情報担当者・病院幹部が多数来場します。したがってPRにとどまらず、直接 決裁者と商談できるため、貴社の売上拡大に直結します。

前回(2018年)の商談風景

出展各社のブース内に商談のためのテーブルとイスを1セット以上置いていただく事になっております。
全ての方が、出展社と真剣にかつじっくりと商談する事を目的に来場しています。

【特長2】全国の病院の導入責任者に売込めます

来場者数集計についての原則

来場者数発表の基本理念

  1. 来場者数の水増しをせず、正直に発表します。これは出展企業に対する義務であると考えます。
  2. 数字の水増しは、見本市の内容の偽装であり、出展企業に対する詐欺行為であると考えます。
  3. 見本市の終了直後に、来場者数だけでなく、「集計方法」も厳密に文書で発表します。

数え方の三大原則

  1. 会場に来場し、登録の際に受付で提出された名刺1枚を、1名と数えます。
  2. 一度登録した人が会期中に何度来場しても、1名としてしか数えません。
  3. 出入口を通過するたびに集計機械などで数える方法は、実質上の水増しと見なします。したがって、そのような集計方法は採用しません。

【特長3】介護施設・行政にも売込めます

本展は、介護&看護 EXPO・地域包括ケア EXPOを同時開催。そのため、病院・クリニック関係者に加えて、介護事業者、社会福祉法人、自治体・行政が多数来場します。一度の出展により、病院、介護施設など幅広い来場者層に売込むことができる効率的な商談の場です。

以下の資料を無料でお送りします。

・開催概要 ・前回 結果報告書 ・会場レイアウト図 
・出展費用 見積り ・ブース装飾プラン …など